やーっと終わります。

花粉。


長かったです。

2月の下旬からスギが始まって、5月の下旬に、ヒノキが終わります。


毎年、花粉に困らされているのに、毎年、花粉がいつ終わるのかとか、薬代がどれくらいかかるのか、忘れています。

なので、目安だけでも、記録しておこうと思います。


平均的に、スギは2月中旬〜3月下旬、ヒノキが4月上旬〜5月下旬、に飛散します。

これは、三重県の飛散時期です。
国内でも、西と東でかなり時期がずれます。


花粉情報−日本気象協会


ぼくは、毎年ここのサイトで、花粉の時期や量をチェックします。




17,261円



3ヶ月で……。高いです。

ぼくは病院がとんでもなく苦手なので、市販の薬を買います。


『 アレグラFX 28錠 』


写真 2017-04-19 21 28 07

 
飲み薬です。鼻炎を抑えてくれます。
今年は、これを使いました。

結構相性がよくって、くしゃみや鼻水は、これでほとんどなくなりました。

ただ、ぼくは、目の方の症状が、ひどくって、目薬が必須です。



『 マイティア アルピタット 15ml 』

『 ザジテンAL 10ml 』

写真 2017-04-19 21 28 00



の、2種類を使いました。

どちらも、とってもよく効いてくれました。


毎年、目のかゆみと共に、目の周りの皮膚が赤く腫れて、発疹したようになります。
酷い時期は、皮が小さくめくれます……。


目薬をさすと、4割程度、腫れや痒みがおさまります。

とてもありがたいです。




飲み薬が、ひと箱14日分で、3ヶ月で7箱買いました。
目薬は、ひと月に1本使いました。

全部合わせて、3ヶ月で、17,261円でした。




Amazon先輩が、3割引で売っていらっしゃいました……



やっぱり、市販の薬は、病院の処方薬と比べると、お高いです。

かといって、病院は行きたくないので、市販しかないと思っていました。

それに、薬が通販されているとは、考えていませんでした。


今、安くなっているのは、スギとヒノキの、花粉の時期が終わろうとしているので、安く売りに出しているからかもしれません。

しかし、それでも、来年の分を、今安いうちに、買っておくという手もあります。


それから、飲み薬の、アレグラですが、Amazon先輩で、5個セットが6480円でした。

お店で買うと、10000円を超えてしまいます。

お得です……お得すぎます……。




舌下免疫法



花粉症の最新の治療法に、舌下免疫法というものがあります。

毎日、舌の下に、液体を垂らすだけの治療です。



インフルエンザなどの、ワクチンの要領だと受け取っています。

よわーいアレルギーを意図的に起こして、少しずつ免疫力をつける方法です。


ぼくの言い方だと、誤解があるでしょうから、「舌下免疫法」と、ググってみてください。
たくさんのクリニックの解説がヒットします。

2、3件、読んでみてください。



なんでも、8割の人に、効果があって、永久的に効果を期待できるものだとか。

効果には個人差があって、人によっては、効果が現れない場合もあります。

しかし、体に合ったら、毎年薬を大量に飲んで、様々な対策に、お金や労力をかけずにすみます。


治療は、長期にわたって、継続する必要がありますが、成功した時のメリットに比べたら、やる価値は十分にあります。



花粉の時期は、治療ができないので、花粉が始まる数ヶ月前から、治療を始めます。

ぼくは、今年の11月から、始めるつもりです。



最新の治療法なので、耳鼻咽喉科でも、やっているところと、そうでないところがあります。

事前に確認なさってください。



治療の際には、詳細と経緯と、効果を、記事にまとめますので、そちらも是非是非。





花粉バルスですねえ本当に。