聴けば、過去の思い出がブワーってよみがえる曲ってありますよね。

そのときの感情や匂いまでも、おもいだすような。

今年の夏は、この歌がぼくの思い出の引き金になりそうです。

0468a5_45896fd1e9514eb1ac54a374865e8db8
SunSet Swish Official Website


記憶をやさしくすくい取ってくれるようなイントロが、とてもここちいいです。


“最後の一秒までつづく、熱い想いを奏でていよう”

ここです!!!このサビのはいり!!!

グッときます。


MVの中で、主人公をすっごく見てたショートカットの女性が、屋上で缶をポーンってわたすシーン好きです。

キャプチャSunSet Swish - Passion M/V キャプチャ2SunSet Swish - Passion M/V


“甘い期待自体。見たい痛い時代。それでもまだ、すばらしい世界。認めていたい。なにを残し。どこへいく。”

このきもちよく踏まれた韻。あたまにストンと落ちてくれます。こころにスーっと入ってきます。


ボールをバットにとらえたあとの、表情が好きです。しばらくの間と、かすかに笑む顔が素敵です。

キャプチャ3SunSet Swish - Passion M/V


上地雄輔さんの、やさしい表情は、なんだかホッとしてしまいます。

キャプチャ4SunSet Swish - Passion M/V


“PASSION”“情熱”です。上地雄輔さんの印象にマッチしてると思います。

キャプチャ5SunSet Swish - Passion M/V

バットもさすがにさまになってますよねー。




いっちばんキュンとしたのが、このラスト。

キャプチャ6SunSet Swish - Passion M/V

ボールを受け取った主人公が、フフっと笑って振り返るシーン。

この、なんだか自然にこみあげて、こぼれてしまった笑顔のようで、涼しいきもちになりました。




MVがとってもさわやかに、PASSIONをイメージしてくれたので、MVをたくさん語ってしまいましたが、車で曲だけを流して歌うと、すっきりさわやかなきもちになれます。

じぶんのなかの情熱を、代弁してくれているみたい。




SunSet Swishの、他の名曲もたくさん聴いて、レビューしていきます。

さっそくTSUTAYAでSunSet SwishのCDを3枚レンタルしてきて、車に全曲入れました!

好みの歌がたくさん入っていたので、紹介するのがたのしみです。