IMG_4261



「優しさ」ってなんのことか、ぼくにはわかりません。

 

「理由」のことかな?と、考えたことがあります。

 

つまり、

「自分が好かれたい、評価されたいがための優しさ」と

「相手のためになりたい、助けたいだけの優しさ」

そういう理由の違いを、優しいかどうかの基準にするのが正解なのかなって。

 

そして、世の中では一般的に、後者の優しさが、正しいとされているように思うんです。

 

けっきょくぼくは、答えを出せませんでした。

 

 

ぼくらの優しさの本当のワケは、だれにも伝わらない。それでいい

募金って「理由」はなんだっていいじゃないですか。

相手からすれば、売名のための募金も、匿名の献身による募金も、等しくありがたい募金です。

同じ、命を救うお金です。

理由は相手に伝わりません。

 

優しさの理由もです。

 

どんな気持ちで、誰を助けても、その気持ちとやらが伝わることはないです。

言わない限り。

言いませんよねわざわざ。

「こんな理由でこんなことを考えてあなたを助けた」なんて......

 

それは優しさを受けた相手が、自由に考えることで、まかせてしまえばいいとおもうんです。

 

優しさは、その理由を伝えないことが前提だと、ぼくは思います

 

 

だから、ありのままのぼくらでいたらいい

理由を伝えないでオッケーなのだとすれば、ぼくたちは俗に言う「やさしいこころ」を、持っていなくたっていいんです。

 

世の中では、この「やさしいこころ」とかいう、なんの役にも立たない、モヤーっと、フワーっとした曖昧な感情を抱くことが、美徳であるように教育されています。

 

 

ぼくは思うんです。

 

「ぼくらが教えられた、見返りを一切求めない、『真に優しい心の持ち主』なんていない」

 

って。

 

 

優しいことをして、リターンをこれっっっっぽっちも、まっっっったく、考えないことってできます?

 

ぼくは無理です。

 

だって、喜んで欲しいから。

「喜んでほしい」「笑顔になってほしい」「ありがとうと言われたい」「大切に使ってほしい」

そんな当たり前の感情ですら、

「リターン」を望んでいると、大別できますよね。

 

なにかをプレゼントしたり、助けたりして、相手が少しも喜ばない、笑わない、むしろ疲れてるし、なんだか不機嫌になった。

 

そんなとき、しょんぼりしますよね。

それはやっぱり、「大別すれば」リターンを求めていることになります。

 

相手が違えば、同じ優しさでも別の受け取り方をします。

同じように、相手が変われば、優しさを攻撃に感じることもあります。

ぼくらの国では優しさを示す、頭を撫でる行為が、侮辱に当たる国の文化があるように。

受け手に委ねられるんですよね。

だとしたら......

 

めんどくさくないですか?

 

 

ぼくはすっごいめんどくさい。

疲れるだけです。

リターンを望むぼくも、望まれる人も。

どっちも苦しい優しさって、なんだかもうなんのためにやってるのかわかりません。

 

だからぼくは人に優しくしないと決めています。

 

つまり、ありのままの自分を貫くんです。

 

自分のやりたいことを思いっきりやる。

言いたいことを言う。

好きなことをめっちゃ楽しむ。

それに好きな人、大切な人を巻き込む。

 

そうやって生きています。

 

で、この生き方って自分勝手で、わがままで、自己中とか言われガチです。

 

でもね、この生き方を喜んでくれる人がいるんですよ!!!

 

 

「ぼくのため」が、「親や友達のため」「恩師のため」「他人のため」になる瞬間がある

絶対に他人のために、自分の人生を生きないと決めているぼくです。

 

だから誰かに感謝されたり、優しいと言われることなんてないと思っていました。

それは、間違いでした。

 

簡単なところから説明すると、

まず、ぼくの両親は、ぼくが身を粉にして働いて、毎月お金を家に入れて両親の面倒を見るよりも、ぼくがひとりで好きなようにお金を使って楽しんでいる方が、嬉しいと言います。むかしはそんなこという親じゃなかったんですけどね。

 

それから、

6年前にぼくが鬱になってからも、ずっと友達でいてくれている、10年来の親友は、ぼくが独りよがりなことに、安心してくれています。

「おまえは言うべきことをストレートに言ってくれるし、芯がブレないから安心できる」と。

 

また、

今もお世話になっていて、尊敬する恩師は、ぼくが鬱になり入院したときから「自分の気持ちを何よりも優先してね」と、ずーっと言ってくれます。

 

 

そうなんです。

だれも、ぼくが、彼らのために尽くしたり、優しくしたり、献身したり、自分の時間を使って何かをしてあげたり、助けたり、プレゼントしたりすることを、望んでないんです。

 

彼らにとって、ぼくが自分の時間やお金や体力や気持ちを後回しにして生きることは、むしろ喜べないことなんです。

 

......まあ、これをぼく自身が言うのはちょっとどうかと思いますが(笑

 

 

自分のために生きていると、それが、自分を大切に思ってくれている人にとっては、その人のためになってる(自分の知らないところで)

 

と!いうことです!

 

 

世界中の人が自己中になれば、全ての人が幸せになれる

これは説明が必要ですね。

「他人の助けを必要としない」

という意味ではありません。

もちろん、

「他人のためになにもしない」という決意でもありません。

 

たとえばぼくらは、地球の反対側の貧しい人たちの価格で低賃金の労働の上に生きています。

もし彼らが

「これは地球の反対側の日本人のためだ!彼らはとても素晴らしい人たちだから、ぼくたちが支えるんだ!血を流しても!」

 

みたいな価値観で働いているとしたらどうです?

遠慮しますよね。

「そんな!ちがう!ごめん!」

って思いません?

 

そんな苦しいモチベーションよりも、

「カカオ死ぬほど取って運んで売りまくっても全然金にならねえけど、まあこの金で村1番に可愛い嫁さん貰うためだ!しかたねえ!やってやるぜ!うおおおおっ!」

 

っていう自己中なモチベーションで働いておられるとしたら、ありがたいと思いませんか。

 

おそらく、生きていくだけで精一杯の賃金、あるいはそれ以下のはずなのに。

だからこそ、その労働の動機が、世界の反対側のぼくらのためだなんて、あまりにツライ。

 

世界はやめられません。

中国ふくめ、安く作る国からモノを買うのを。

 

それをやめて、

「もっと高く買うから、労働者にもっと賃金を払ってくれ!」

と、製造企業にメールをしても、無駄です。

 

というか労働者側からすれば、仕事があるだけマシです。

 

 

話が飛躍しました。

ようするにぼくらが他人の環境を変えることはとっても難しく、自分の境遇を嘆く暇もない。

だから、せめて自分だけは自分の人生を思いっきり中心に考えてしまおうという、ご提案です。

 

他人のために自分の人生を生きる心の余裕のある人なんか、このストレス社会にごくわずかです。

ならば、みんなが自分を中心に、つまり自分を一番大切にすればいい。

 

みんなが自分を大切にして、みんなが自分を自分の力で幸せにすれば、ぼくらはもれなく幸せになれます。

 

極論ですね。

まったくもって空論です。

 

 

でもぼくはこの考え方を、信じています。

 

これからもぼくは、誰よりも何よりも、自分のためだけに生きていきます。

 

それが、めぐりめぐって、親や親友、恩師や他人、遠くの誰か、あなたのためになれば、ちょっと良かったなって、思えるんです。