IMG_4504


社会人2、3年目の人に特にオススメしたい、「戦略的ヒキニート週末ライフ」という休日の過ごし方。週末じゃなくてもいいんですが。


ネットで知り合った、ちょーど2年目の友人が、週末帰ったらご飯風呂洗濯、残りの仕事を済ませ、溜めたテレビの録画をみて時間を潰し、なんとなく買い物をしたりして、気づけば月曜。また出勤の日々。


悪かないのですが、休み方が中途半端なのです!

もっと全力で何もしないこと!その奥義を私は極めていますので、これから、その究極のライフハックを、同じような生活をされているみなさんに、プレゼントしようと思い立ちました。

 

内容をザックリ言うと、

「みなさん、なんとな〜く家事や用事をして休日過ごして、なんとな〜く時間が過ぎて、なんとな〜く寝て、翌日出勤」

こんな休日の過ごし方してません?

人の体の超回復力を応用した、スーパー積極的なにもしない術!急緩急の反動を利用した社畜の心身を劇的に回復させる奥義を伝授するよ〜っ!

 

というお話です。

 

なんとなく休むとよけいに疲れる

誰でも働くときには、「どう働くか」みたいなことを考えますよね。方法や態度、効率的な動きを試行錯誤します。

けれど、休む時はどうです?

適当ですよね。

たいして考えません。休み方ってすごく大切なのに、なんとなく

「ダラダラとテレビでも観ながら寝ていたら休まるだろ」

くらいにしか考えないんです。

 

これ実は間違いです。

例えば軍隊。彼らも休みます。ただぼくらのように、てきとうにダラダラーっと何も考えずに休みません。

人間の体と脳が、緊張感を保ちながら最も効果的に休まり、いつでも活動を再開することのできる休み方。

合理的な休息を、意図的に利用しています。

 

プロのスポーツ選手はどうでしょう。

彼らも同じように、戦略的に休みます。

マラソン選手は、走っている時だけ意識的に心身を動かせばいいというわけではなく、最高のコンディションで走るために、最高の休息のとりかたを突き詰める必要があります。

 

なんて、大げさに言ってますが、ぼくら一般ピーポーがそこまで考えて休まなくてもいいです。そこまでしたら疲れます。

人間工学に基づいた、お高〜い高級マットレスで寝なくてもいいですし、40度に設定したお風呂に20分ピッタリ浸かって、入念なストレッチをしなくたってオーケーです。

 

ぼくがオススメしたいのは、

 

いっっっさい手を抜かず

てっっってい的に

おもいっっっきり

クーーーズみたいに気を抜いて

バッッッカみたいに心と体を休めまくって

ぜんっっっりょくで何もせず

週末を過ごす

 

という方法。

これ聞いただけでワクワクしません?

でもやったことないでしょ。

 

なんか日本人って、休むことに対して臆病なんですよねえ。

休み過ぎたら世間様に顔向けできないとか、休みの日でも仕事のことを考えようとか、なにかアイデアを出そうとか?

 

もちろんそれも必要ですよ。

でも、ずーっとそれだと、逆に頭が固くなってしまいます。

緩急つけましょう。思いっきり。

 

半端に仕事のことを意識しつつ、半端に休むことも考えてるときの心や体って、本当に休まってると感じます?

 

ぼくはそんなのぜんぜん休まってないと思います。帰って疲れます。

 

だから例えば休みが月に8日あるのならそのうちの1日だけ、ぜんりょくで捨ててください。

 

静かで青い空の下に波打つ海辺にでも行って、

「うおっるあああああっ!!!!水平線の彼方超えて宇宙の果てまでブチ飛べこのクソ半端な休みぬおおおおああああああっ、!!!!」

って感じでブチ捨てましょう。

 

大丈夫です。

どーせ無計画にすごす意味のない8日のうち、1日捨てたところで、なんのマイナスにもなりません。むしろプラスです。疲れる休みを捨てるってことですから。マイナスを捨てる。それはもうプラスですよね。


その1日を、ぼくの提唱する

「戦略的全力ヒキニート週末ライフ」

に使ってください。

確実に無駄な8日を過ごすより、有意義な休息が得られます。

そして、そのたった1日の最高に何もしないヒキニートライフのおかげで、残りの7日間の休みのみならず!毎日の仕事すらも潤ってきます。


これが戦略的全力ヒキニート週末ライフ法の凄まじいところなんですねえ〜。


ではその驚愕の天才的方法を、具体的にご紹介していきます。


1.日曜日の全力ヒキニートライフに備えて、すべての雑事を済ませておく

さてみなさんは、
金曜日の夜、倒れそうになりながら帰路につき、帰ったら風呂と飯を済ませて寝て、翌日の土曜日ダラダラと無意識に無計画に過ごし、日曜くらいは何かするかと借りておいたDVDを消化したり、食材を買い足したり、家事をしていたら1日が終わり再び月曜に出勤。

そんな週末を何十何百とお過ごしのことと、お察し申し上げます。

やめてくださいマジで。そんなことしてたら腐ります。鬱になります。ぼくみたいに。

こうしてください。

土曜日の午前中に、ぜんっりょくで家事と仕事の残りと、月曜の出勤の準備をすべて済ませ、日曜日は、いっっっさい何もしなくても、まっっったく問題のない状態を作る!!!

​勘のいい方はここでほぼ全容が理解できると思います。

もうすべて説明したようなものですが、なるべく具体的にイメージしていただきたいので、詳しく書いていきますね。

この
「戦略的全力ヒキニート週末ライフ法」
の真髄は、
「緩急」です。

順番的には、
「急緩急」です。

土曜日の朝はまだ仕事モードの脳が残っていますし、朝は頭がリラックスした状態ですから、金曜に余ってた残りの仕事や家事を効率的に頭を使ってこなし、月曜の仕事の準備を冴えた頭のままするのには、もってこいのパフォーマンスを発揮することができます。

「金曜開けにそんなこと、、、」なんていう気持ちもわかりますが、ここでのひと踏ん張りが、かならず最高の週末をプレゼントしてくれるので、安心してください。

急緩急です。
一度失速したら速度を上げるのは難しいので、金曜日の「急」の推進力が残っている土曜の午前中に、
「週最後の急と、来週の急の準備をしておく」
​ここがミソです。

そして、その間の「緩」を、しっかり、おもいっきり緩めるんです。

そう。日曜日に!!!全力で!!!

「休みの日に何かをして有意義な時間にしなきゃ」という達成欲


「月曜に備えてできることをやっておかなきゃ」という焦燥感や義務感

をなくした上で、徹底的に休む。
なにもしない。

その時の、心と体の回復力は凄まじいんです。
休んで休んで緩みきった心身の反動を利用するから、月曜のテンションと、モチベーションの上がり方も絶好調です!

人間は未来に不安を抱えたままだと、どれだけ休んでも頭の奥の方で、無意識にハラハラしてます。だから、完全に休み切ることができない。徹底的に休むために、ちょっと頑張って土曜日に全て片付けておいてください!ほんと、嘘みたいに楽〜〜〜〜な気持ちで日曜日を過ごせますから!

何を隠そう、これを書いている今日は月曜日で、ぼくは朝に出勤した時、こんな気分でルンルンでした、

「はあ〜〜っ。昨日は思いっきり全力で手を抜かずに休みまくったから、今ものすごいヤル気で満ち溢れてるわ〜。やー昨日あれだけ怠けたからなあ!さいこーだったなあ。疲れ取れた〜。っしゃあがんばるぞー!今週も!」

どーです?やりたくなったでしょ!
「きゃろちん流戦略的全力ヒキニート週末ライフ法!」

さあ!つぎのステップだ!

2.マジで、マ〜ジで!なんもしない!徹底的になにもしない!100%自分を甘やかす

さて、金曜日と土曜の午前中に、「急」の工程を全て終えました。

と!なれば!あとは!もう!なにもしない!
むしろしてはいけません!ぜったい!なにもしないでください。

「あ!あれもやっておかなきゃいけなかったんだ!」なんて思い出しても、忘れてください。

だって、それは土曜の午前中に思い出せなかった時点で、それほど大した仕事でも用事でもないんです。

だから、来週にしてください。買い物なんて月曜の帰りにしてください。日曜日は絶対的に休日を貫きます。

たとえば、つぎにあげる用事は全て、月曜日以降にしてください。もしくは土曜のうちにやってください。この絶対的休息日は、月に一回でいいので、ほかの週の日曜にできることなら、別の日に回しましょう。
  • 買い物(食材とか、日用品
  • DVD借りる(土曜のうちにやって!
  • 友達と食事(断る!またの機会にそれか土曜にしておく
  • デート(月に一回くらいひとりで過ごしましょ
  • 仕事の残り(土曜に全て片付けて!
  • 月曜のプレゼン(土曜に!
  • 家事(やめて!
  • 料理(出前とりましょ
避けられるものは徹底的に避けてください。
よく考えたら、日曜日にやらなきゃいけないことなんて、そんなにないんですよ。
それを、みなさん妙な使命感というか、漠然と
「何かをしなければ無駄になる」
という焦燥感にかられて、何かをしようとしてしまう。

このわたくしの発明した「戦略的全力ヒキニート週末ライフ法」は、
月曜日からのパフォーマンスを最大に発揮するための、最大限の無駄を日曜に作るという点がポイントです。

それから、できることなら布団にずーっといてください。
歩くときは洗面歯磨き、トイレとご飯とお風呂くらいで十分。あとはベッドでダラダラと猫みたいに伸び〜〜っとしながら、カーテンを開けて、陽の光でも浴びてくつろいでください。

気持ちがいいですよー。畳の部屋の人は、雑魚寝してみましょう。床に寝るって気持ちいいんですよねえ。普段と違った視点で寝ると、なんか気持ちもリフレッシュされます。

あ、お風呂に長めに入るのもいいですねえ。アロマの入浴剤を使って、風呂に携帯持ち込んで、ダラダラ〜っと動画でも観ましょうよ。最高ですよ〜。

と、に、か、く!
日曜日は、自分を思いっきり甘やかして、
「よしよ〜し!今週頑張りまちたね〜っ!今日は何もせずに過ごしましょーねー」
と、自分をいい子いい子してあげてください。

これバカっぽく感じるかもしれませんが、自分を肯定して甘やかすのって、心理学的に効果のある、理にかなった認知療法です。

3.日曜日の夜。無の境地で寝る。月曜の朝まで何も考えない。

日曜日は完全な休み。これを徹底してください。日曜が終わるまで。つまり、日曜の夜に寝るまでです。

いつもなら月曜日のことを考えて眠りにつきますよね?だからサザエさん症候群とかになって、憂鬱な気持ちで眠りにつき、深層心理でハラハラしながら浅い眠りをしてしまい、疲れが取れずに月曜日を迎えてしまう。

これもうやめましょう!
できるんです!なぜなら、土曜に全部やったから!月曜日の準備を全て終えて、朝起きたら完璧に準備ができている!なんの不安も憂いもない!

安心して寝てください。
几帳面な人は、寝る前の持ち物チェックなどをするでしょう。しかし、それは月曜の朝に早めに起きてすればいい。どうせ、夜に何か不備が見つかっても、どーしよーもないです。

朝早く起きて、不備に気づいたら、早めに上司に連絡して対応を根回しできる。
むしろ早めに対応したことが、好評価につながります。

いーじゃーん!一日くらいミスったってさあ!
気にすんなって!!

4.月曜日、ヤル気にみなぎった20代前半のような最高の朝!

驚きますよ。朝。
今まで疲れていればいるほど、驚きます。
そして、感じるはずです。
全力で、何も考えず、全てを放棄して、脳のスイッチを切り、完全にオフにした心身で過ごす休日の、計り知れない驚愕の回復力!

「超回復」ってあるじゃないですか。筋肉を極限まで痛めつけて疲れさせて筋肉痛にして、ガッツリ休むと、めっちゃ回復して筋肉修復して、前よりマッチョりんこになるっていうあれ。

金土と酷使した心身を日曜にどちゃくそ休ませ、日曜に超回復させる。
そして!その勢いと反動で、月曜日にありえないくらいのハイパフォーマンスで仕事をスタートすることができる!!!

完璧だ。
完璧すぎる......。驚愕だ。

5.騙されたと思ってやってみるといいさ!...やって!お願い!やってよ!いっかいだけ!

なんというかですねえ。こういうのって、数打ちゃ当たるんですね。ぼくはライフハック系の情報は常にチェックしていて、気になるやつ、自分に利があるものはなんでもまずやってみます。

で、べつに効果がなくても気にしない。
「効果がないことがわかった」
ということが、ぼくには大きなメリットだからです。それによって、次回から試してみるライフハックの選別の基準が、より正確になります。それを繰り返していけば、今後数十年に試して失敗する何百というライフハックのタイムロスをカットすることができますよね。

1度の失敗が、何十日ものタイムロスを回避する根拠になるんです。

それに、食わず嫌いになる気持ちはわかるのですが、食ってみないとわからんのですよねえ実際。

で、大切なのは、
「効果がなかったところで、なんのデメリットもない」
という意識でいること。

なんかあります?効果がないことのデメリット。病気になるわけでもないし、お金をかけないものなら、散財もしない。

まあ、やって効果がないから、筆者のきゃろちんが許せねえクズ野郎が!みたいな人は、きっとこの記事にはたどり着きません。

なので、仮に「今は効果が見られない」と判断できても、悲観しないでください。

むしろメリットですよ。今後のライフハックの傾向が分析できますよね。

人生を豊かにする処世術の多くは、向き不向きがあり、ハマったときは、とんでもなく有意義な効果が得られます!これ知ってる人は知っている事実。

ぜひぜひ、この記事をきっかけに、たくさんのライフハックにチャレンジしてみてください。数打って、あたったら、ラッキー!

たったひとりの人間との出会いで人生が変わるように、たった一冊の本に救われる命があるように、たったひとつのライフハックが、ぼくらの生活を、劇的に豊かにしてくれます。

ぜひ!おためしあれ!