IMG_5614

こんにちは〜っ。
きゃろ(@bokuha_moudame)です!

この1ヶ月、毎日記事を更新しています。
そのおかげで、1日で書ける文字数が2000字くらいだったのが、5000字ほどに増えました。

なので、多いときには1日に3本の記事を書いています。

さらに嬉しいことに、執筆速度が上がったおかげで、頭を使う効率も上がり、相乗効果で他の作業のスピードも上がった!

今までは土日をフルに使って、長めの記事を1本書いていたのですが、昨日と一昨日の土日で、

・しっかり練った長めの記事2本
・短い記事2本
・下書き2本
・GIFアニメ1本
・お絵かき3枚
・アフィリエイトなどの作業を多数

こんなに作業をこなすことができました。

今回の記事では、ぼくが実践している作業効率化のテクニックを、わかりやすくまとめています。
ではどうぞっ。


すきま時間にやる作業を『5・15・30・45(分)』に区切ってリストアップ

こんな人いませんか?

「あー。時間空いたなー。んー何しよっかなあ。あれ?まだやってない作業は何があるかな...んーっと」

って考えながら動画観てたら、30分くらい過ぎてて「すきま時間が埋まったw」って人!

はい!٩( ᐛ )وぼくです!

昔はコレでした。

なので、
「あらかじめやることを決めておいて、その中からすきま時間のサイズ(5・15・30・45分)に応じて決める」

ことにしました。
これなら、
・気分なんて曖昧な理由で選ばない
・すきま時間の長さで選ぶので無駄がない
・「30分で15分の作業を2つ」ってのもアリ

効率的ですよね。

まずは溜まってる作業を全部書き出す

とりあえず、保留にしちゃってる作業を全部書き出してください。

なぜ「保留から」かと言うと、モヤっとするからです。

「やり残したこと」があると、新しい作業に取り組むとき、「あ〜ほんとはあれをもっと早くやらなきゃいけなかったのにな〜」とか考えちゃう。

集中できません。
そんな頭の状態で作業してたら、10分でできる作業が30分かかります。

それなら、保留の作業を20分で片付けて、残りの10分で新しい作業をすればいい。

2つできます。同じ30分で。

ですよね。

さ!いくつでもいいので、やり残したことぜんぶ!書き出してください。

メモアプリでも紙でもなんでもOKです。
とにかく速く手を動かして、止めずに、書きなぐってください。


スッキリした脳で、これからやりたい作業をはき出す

頭って、つっかえてるものがあると、動きが鈍るんですよね。

保留がなくなった今なら、ワクワクした気持ちで、これからやりたいことが溢れ出してきます。

はい!書いてください!
ぐああああっ、ー!、っと!!!

うおおあおっ、ああああっ、!!

出ました?

はい!おっけーーーい、!!

じゃあ次です。


必要時間別にタスクを振り分ける

先ほど説明したように、消費にかかる時間別に、作業をふりわけましょう。

注意点としては、「保留」と「新規」を分けること。

「保留」を赤で書いて、
「新規」を青で書く。

​などしてください。

こんなふうに。

【すきま時間にやることリスト】

[5分]
・リライトする記事をチョイスする
・この前行ったセミナーのお礼メールを送る
・次書く記事のタイトルをメモする
・記事のネタをTwitterで探す

[10分]
・英語学習アプリの1セッションを完了する
・読みかけの本を10ページ読む
・1枚スケッチの練習する
・カメラロールの記事ネタをフォルダにまとめる

これなら、すきま時間が見つかったとき、迷わないです。

乗り換えの電車が10分後にくるなら、
[10分]のリストの「保留」の赤文字の項目から選ぶだけ。

2択なのでその時の気分で決めましょう。

人間は選択肢が多すぎると迷って決断できなくなるので、あらかじめ2つくらいに絞っておけば、あっさり行動選択できるんです。


ポイント【時間の配分方法】

「んなこと言われても、何にどれだけ時間かかるのかわからんべな!」

というかた。

たしかに。
でもそれはぼくにはなんともわからんべな。
人それぞれなので。

だから、とりあえず過去にやったことのある作業の、似ているものを思い出してください。

それで、
「ちょっとゆとりを持ってふりわける」

​これでやってみてください。

5分でやれそうなら、10分のカテゴリ

「こげなもん、一瞬でできるべ!」
って作業は、5分のカテゴリに入れてください

時間が足りなくなるのは困りますが、ゆとりを持って余る分には問題ないですよね。

5分余ったら5分の作業をやりましょう。


時間の組み合わせは自由に

これもちょろっと言いましたが、
たとえば1時間空いたとき、こんな隙間の使い方があります。

15分のタスクをする
👇
5分のタスクで息抜き
👇(ここで脳のエンジンかかる)
30分のタスク集中!
👇
5分休憩
👇
5分のタスクでゆっくりすきま時間終えて、元の仕事に戻る

これぜひやってみてほしいのですが、本当にはかどります。


この方法の最大の長所はココなんです。

組み合わせ次第で、自分のモチベーションや脳の使い方(アクセルやブレーキ)をコントロールすることができる。

ということです。



はい!お疲れ様でした〜〜!

こんな感じで、いつも作業しています。

作業の効率化については、人の性質によって、合う合わないがあるので、いろんな人の作業方法をパクリながら、自分に合うやつを見つけるのが良いと思いますー!

では!