1ヶ月前までは、Twitterが『結果』『結論』をシェアする場所だと思っていました。

「○○をしました!」
「○○にいきました!」

っていうふうに。

でも、思考の『間』をTwitterで垂れ流すことで、あるメリットが生まれることに気が付きました。

「○○しようとしています!」
「○○にいくために準備しています!」

なんていうツイートです。

 

今朝こんなツイートをしました。

ぼくのなかでは、これは結論ではなくて、
「今の段階ではこんなふうに考えています」
というメモみたいなものです。

このツイートを見て、フォロワーさんがすぐに実例を補足してくれました。

ぼくは、
『アンテナを張り続けてインプットする』という段階までしか、話していないのに、そのさきの
『ラジオで話したこと+αを記事にして、録音も埋め込む』というところまで、補足してくれたんです✨

めっちゃたすかります。

さらに、、、

ほかのラジオパーソナリティさんも、「やってるよ!」と後押ししてくれました。

じぶんとしても納得の方法なので、やらない理由がないです。

 

こんなふうに、思考の間をたれ流すことで、足りない部分をフォロワーさんがどんどん補足していってくれるんです。

だから、「途中経過を見せるなんてはずかしい!」なんて言って、
じぶんだけで考えていたら、何日もかけないとたどり着けない結論に、飛び級でたどり着けることができるんです。

さいこうですよね。

なので、Twitterを『結果』と『結論』をシェアするだけのツールとして使うと、
もったいないです。

ガンガン中途半端な発信をしていけばいいと思っています。

ぼくはそうしつづけます。

 

 

おまけ!!!

この記事『間を見せるメリット』を公開直後、
ちこさん@chiko_bd2が補足してくれました!

んーっ!たしかに!

『ライブ感』『助けたくなっちゃう感』も同時にゲットできるのか!!!

これも記事ネタになりそうですね!

ちこさんありがとう!