梨花にとって、車は男だった。 この男こそが、自分の生涯において最高の男だと、確信していた。 文句の1つも言わず、梨花の指し示した場所から、寸分も動くことなく、ただそこにいる。 どれだけ待たせてもいい。 勝手気ままに電子ボタン1つで呼び出せば、目を光らせ、声を ...