このまえ盛大な断捨離をしまして、いつから読んでいないのかもわからない本や漫画がわらわらと出てきました。

そこで、売れるかどうかわからないけど捨てるよりはいいからブックオフに持っていこう作戦がはじまったのです。

 

結果を申し上げますと、文庫本はほとんど値段が付きません。

出版されたばかりで、話題性のある本なら売れますが、古い文庫には価値がほとんどありません。

ロングセラーになっているハードカバーの本は売れるのですが、それほどの本なら手放しませんよね。

 

論より証拠です。こちらをご覧ください。

本はすべて5円でした。

最安値が5円なのでしょう。

ぜったいに1円にもならないという本も5円で買ってくださったので。

その分が漫画の方から少し引かれたりと、ちゃんとブックオフさんの利益になるようにはなっているかと思います。

 

で、漫画の方はというと、『キングダム』と『狂四郎2030』が高値で売れました。

『キングダム』は、現在連載中の人気漫画なので、高く売れるとは思っていましたが、『狂四郎2030』が高く売れたのは予想外でした。

希少価値が高いのだと思います。

これを売ったお店に、『狂四郎2030』が置いてなかったので、『在庫にない売れる漫画』の値段が高くなるという傾向があるようです。

どちらも、1冊75円で売れました。

 

『HUNTERxHUNTER』は、高値が付きませんでした。

というか最安値でした。

1冊5円です。

冨樫先生の休載が再開したタイミングでもありましたし、単行本の売れ行きが悪いのでしょうか。

というか、新巻がでないので、在庫が余っているのでしょうか、、、

あまりに休載が多く、ファンが離れて、コミックスを処分する人が増えたという可能性も、あるすぎて否定できません。

冨樫先生、、、たのむっ!!!

 

はい。そういうわけで、今回は全94冊持って行って、3980円になりました!!!

上々です!!!

平均すると、1冊42円です。

ちょっとしたお小遣いにはなりました。

 

ついでに会員カードも作りました。

ぼくは売り専なのですが、帰りにチラッと立ち読みした、『喰う寝るふたり住むふたり』という漫画が面白くって、ほしいなと思っています…。

以上。ブックオフから売れる漫画売れない漫画報告、終了します。