こんにちは。ヒノキアキラです。

これから、除湿機から聞こえる「ポタッ」という、水滴の音を消す方法をご紹介します。

あれ一回気になると、ほんとうに耳障りですよね。

このうるさい水滴の音を消す方法が3つあります。

 

1.貯水タンクを掃除する



貯水タンクを1ヶ月くらい洗わずに使っていると、水アカがこびりついたり、水のヌメりがタンクの底や水滴が落ちてくる入り口にくっついて、水滴音の原因になります。

貯水タンクの全部をゴシゴシする必要はありません。除湿された水が落ちてくる口と、貯水タンクの蓋を開けて、底のヌメリをスポンジなどでゴシゴシこすって、水で流してください。

これで、だいぶ音が聞こえなくなりますよ。

 

2.フィルターを掃除する



フィルターが毛とかホコリで汚れていると、除湿する水も汚れやすくなります。

これが、さきほどの「水のヌメリ」などの原因になります。

貯水タンクを掃除しても、水滴音が聞こえてくるときは、フィルターの掃除もしてください。

ぼくが使っている除湿機、コロナのCD-S6318-Wは、簡単にフィルターの掃除ができます。

フレームの爪を上にずらしてはずし、フィルターを掃除機で綺麗にすればOK

 

3.貯水タンクに水を1センチ入れたままスイッチを入れる

水滴の音がするのは、貯水タンクに水が溜まり始めるときだけという場合があります。

スイッチを入れた直後は、貯水タンクの底の、硬いプラスチックに直接水滴が叩きつけられるので、音が大きく響きやすいんです。

なので、貯水タンクに1センチくらい水が溜まっている状態でスイッチを入れてください。

これなら貯水タンクやフィルターの掃除をしなくても、すぐに解決できることがあります(笑

掃除が面倒な人は、この方法を試してみてください。

 

さいごに

ぼくの場合はこの3つの方法で、水滴の音が聞こえなくなりました。

でもこういう音って、気になり始めたら、どんどん大きく聞こえるようになって、普段は気にしない大きさの音でも気になって眠れなくなったり、集中できなくなったりする。

ってことがあると思います。

とくに湿度の高い梅雨や真夏は、除湿機の除湿量が増えるので、水滴の落ちる間隔が早くなって、余計にうるさく感じます。

そういうときは、除湿機の位置を変えて、家具で音をさえぎるようにしてみてください。

 

《関連記事》

【レビュー】なぜ除湿機はコロナのCD-S6318-Wがオススメなのか【解説】熱中症対策・衣類乾燥に〜《詳細画像あり》