カテゴリ: 【考えごと】宇宙人きゃろの頭の中

ぼくは、この30年、ずっと勘違いしていた。この世界には、有無を言わさず愛を認め合う、たった1人の運命の人がいて、いつか必ずその人と出会い、恋をして、結ばれるという未来がある。それが、いつ訪れるのかはわからないし、いつまでも訪れないまま、死を迎えるかもしれ ...

彼女や奥さんと喧嘩したときに、「いつも俺が食わせてやってんだぞ」「俺のおかげで生活できてるんだろ」「この家を支えてる俺に口ごたえするな」なんて意味のわからないことをのたまう男がいます。ほんとうに理解ができないので、1つずつ分析しながらツッコんでいきます。 ...

やる気スイッチというのが、人間にはありまして。ぼくらはそれを自在にONとOFFに切り替えられますよね。今日わたくし、「あ〜彼女いないけど彼女の副流煙を肺いっっっぱいに彼女の口から直接吸ってそれを40年くらい毎日続けて病気になって70くらいで死にたいなあ」って思 ...

就労継続支援A型事業所に通うワタクシきゃろちん。昨日も昨日でありました。しんどいこと。毎日あります。なにかしら。昨日の事件をザックリ言うと、「ぼくがクーラー効き過ぎに体力奪われてつらそうにしてるのを、見かねた隣の人が頼んでないけど職員さんに『◯◯さん寒いそ ...

「優しさ」ってなんのことか、ぼくにはわかりません。 「理由」のことかな?と、考えたことがあります。 つまり、「自分が好かれたい、評価されたいがための優しさ」と「相手のためになりたい、助けたいだけの優しさ」そういう理由の違いを、優しいかどうかの基準にするの ...

2年前まで、あまりに人生が真っ暗で、毎日を憂鬱に過ごしていました。なにをするにもネガティブな思考に頭を支配されてしまい、やる気が起きず、やりたいことはおろか、やるべきことすら後回しにしてしまう日々。この2年、とてもひとことでは言い切れない工夫と努力を続け ...

↑このページのトップヘ