セカンドストリート

ダイエットはじめて9カ月が経ちまして、着れなかった服の復活の儀も盛大にとりおこないました。

そのときに、痩せたところでこれはもう年齢的にも着ないな、、、という服や靴がわらわらと発掘されたので、それらをセカンドストリートに持っていきました。

売れました。

5210円です。

そのお金ですぐにセカンドストリート内で買い物をして、還元してきました。

ゲットしたものは後程うpします。

では、今回の買い取りでわかったことをサラっとまとめます。

 

季節ものが高値で売れる

当たり前のことですが、これから需要が高まる季節ものの服は売れます。

ALEXANDER LEE CHANGのダウンベストが一番高く売れました。

襟に汚れが残っていなかったら、もっと高値で買ってくれたとのことでした。

ほかにも、裏記事がボアのジャケットが500で売れました。

どれもかなり古いもので、値段が付かなくてもしかたがないというつもりでいたので、ラッキーです。

これを夏に売っていたら、安く買いたたかれていたでしょう。

ブランド物の、8000円くらいしたTシャツが10円と、思い切った値段をつけてくださったので、季節ものかどうかは、かなり重要です。

※売ったのは10月です。

 

綺麗にしてから持っていくほうが高く売れる

これもめちゃくちゃあたりまえですが、つい面倒でサボってしまいますよね。

自宅の洗濯で落とせる程度の汚れなら、洗ってから持っていくべきです。

ちょっとしたシミでも、大きく減額されます。

クリーニングに出さないといけないレベルの汚れは、あきらめたほうがいいかもしれません。

クリーニングして持っていって値段が付かなかったら大赤字なので、ぼくは今回はクリーニングはさぼりました。

そこそこの量があって、一気にクリーニングに出して安く済むのなら、検討の余地はありましたが、今回は10点の持ち込みで、ほとんどが新古品でしたので、一部の商品だけをクリーニングするのはリスキーでした。

 

靴はそれなりに値段が付く

季節を問わず需要があるのがスニーカーです。

なので、綺麗な状態で持っていけば、400円くらいにはなります。

ブーツも700円で買ってくれました。

 

箱がある方がいいけれど、そこまで値段に影響しない

これはお店ごとに買い取りの基準があります。

中古屋さんで靴を買う時って、箱なんて求めませんよね。中古なので、その辺は割り切っているお客さんが大半でしょう。

あればいいけれど、なくてもそれほど売れ行きには影響しないので、買取価格にも影響しません。

ただ、新古品を持ち込むときには、未使用であることの証明にはなるので、箱があるなら持っていきましょう。

 

お店の強化ブランドを知っておくと、高く売れるかどうかの基準になる

多くの中古買取店が、ホームページで「買取強化中のブランド」を公開しています。

該当するブランドを持っていくと、状態が良ければ、通常よりも高く買い取ってくれます。

流行のブランドや、お店に在庫が不足しているブランドが狙い目です。

今回は、ALEXANDER LEE CHANGを買取強化中とのことだったので、強気になって売ってきました。

最初に提示してもらった価格で、少しゴネて、「もう少し頑張っていただけませんか…?」とお願いしたところ、500円UPしてくれましたので、買取強化中のブランドは、すこしだけ強気でお願いした方がいいです。

 

中古買取店で服や靴を売る時に知っておきたいことのまとめ

結構当たり前のことを書きましたが、これらをおさえておくだけでも、合計の買取価格に大きく影響するので、どうか参考にしてください。

Tシャツはもう少し保管しておいて、来年の春に売れば値段が付いたでしょうから、ちょっと反省しました。

ただ単に「捨てるのはもったいないから、一円でもお金になったらそれでいい」という方は、ドーンと持っていって、サラッと売って帰ったらいいとおもいます。

ぼくもそういうつもりで行くようにしています。

値段はつかなくてもいいけど付けばラッキーくらいの気持ちです。

 

買い取りしてもらったお金で新しく買った古着の紹介

5210円で買い取ってもらって、そのお店で即買い物しました。

その額3024円!!!

半分以上使ってます(笑

勝ったのはこれから使えそうなセーターと長ズボンです。

こちらです~。

こういうおじさんっぽいの好きなんですよ~。

若くておじさんっぽいのと、おじさんで若ものっぽいのがいいと思っています。

では!