セカンドストリートで古着と靴を売ってきました!

そしたらあまりに安く買い叩かれてしまって、悔しかった!

なので「高く売れるもの」ってなんだ?とネットで調べたり、セカンドストリート の店舗に直接電話で問い合わせて、調査しました!

その結果を踏まえて、もういちど売りに行ったら、なんと、
5,000円の現金になりました!

やったーっ!!!

 

というわけで!
「セカンドストリートで高く売れるものってなに?」という疑問にお答えしていきますね!
サクッと1分で読めます!

 


セカストで高く売れるもの

  1. ①季節ものが高く売れる
  2. ②綺麗なものは高く売れる
  3. ③靴は高く売れる
  4. ④買取強化中のブランドはかなり高く売れる
  5. まとめ

 

①季節ものが高く売れる

これから需要が高まる季節ものの服は売れます。

春には夏物、秋には冬物が高く売れます。

ぼくの実例でいうと、ブランドもののダウンベストが一番高く売れました。1,500円でした!
(9月の下旬に売りに行った)

ほかにも、裏記事がボアのノーブランドジャケットが500円で売れました。

これを夏に売っていたら、安く買いたたかれていたでしょう。

《低価格の買取例》
ブランド物の8000円くらいした半袖Tシャツを、秋に持って行ったら10円でめちゃくちゃ安く買い取られてしまいました。
季節ものかどうかはかなり重要です。

 

②綺麗なものは高く売れる

高く売れたダウンベストですが、店員さんが言うには
「襟が綺麗だったらもっと高くできた」
とのことです。

元値が20,000円以上するブランドものなので、本来なら3,000円くらいつけれたらしいのですが、汚れが目立つので、半額の1,500円での買取になりました。

ブランドものでなくとも、綺麗だというだけで高く買い取ってくれる傾向があります。

どんな服でも靴でも、綺麗に洗濯してから売りに行きましょう。

 

《洗濯するなら自宅orまとめてクリーニング》

自宅の洗濯で落とせる程度の汚れなら、洗ってから持っていくべきです。

ちょっとしたシミでも、大きく減額されます。

クリーニングに出さないといけないレベルの汚れは、あきらめたほうがいいかもしれません。

クリーニングして持っていって値段が付かなかったら大赤字なので、ぼくは今回はクリーニングはさぼりました。

そこそこの量があって、一気にクリーニングに出して安く済むのなら、検討の余地はありましたが、今回は10点の持ち込みで、ほとんどが新古品でしたので、一部の商品だけをクリーニングするのはリスキーでした。

 

③靴は高く売れる

季節を問わず需要がある【靴】は高く売れます。

綺麗な状態で持っていけば、ブランドものでなくとも400円くらいにはなります。

ノーブランドのブーツが700円で買い取られました。

関連記事:セカンドストリートで靴が高く売れる条件【買取価格例あり】

 

④買取強化中のブランドはかなり高く売れる

多くの中古買取店が、公式ホームページで「買取強化中のブランド」を公開しています。

該当するブランドを持っていくと、状態が良ければ、通常よりも高く買い取ってくれます。

流行のブランドや、お店に在庫が不足しているブランドが狙い目です。

今回は、ALEXANDER LEE CHANGを買取強化中とのことだったので、強気になって売ってきました。

最初に提示してもらった価格で、少しゴネて、「もう少し頑張っていただけませんか…?」とお願いしたところ、500円UPしてくれましたので、買取強化中のブランドは、すこしだけ強気でお願いした方がいいです。

 

まとめ

最後に、高く売れるものの条件をまとめます。

①季節ものが高く売れる
②綺麗なものは高く売れる
③靴は高く売れる
④買取強化中のブランドはかなり高く売れる

以上の点を踏まえて、なるべくたくさん現金をゲットしてきてください!

これらの条件に当てはまらないものは、期待せずに行くといいと思います!