💭暑いときに除湿器をつかうと涼しいって聞くけどなんで?
💭ほんとうに効果があるの?


 

こんなギモンにわかりやすくお答えします



この記事に書いてあること

  1. 除湿器を使うと暑さがやわらぐ理由
  2. 除湿器が効果を発揮する条件とは...?

 

除湿器を使うと暑さがやわらぐ理由

除湿器には厚さをやわらげる機能があります。

しかしそれは、「空気を冷たくする機能」ではありません。

除湿器は、
空気の湿度を下げて、体感温度をさげることができる
電化製品です。

クーラーをつけずに除湿器だけを付けても、部屋は涼しくなりません。

むしろ、除湿器をうごかすときに出る熱で、すこしだけ室温が上がる場合があります。

 

どうして除湿器を使えば体感温度がさがるのか

ではどうして、暑い季節に除湿器を使う人がたくさんいるのか。
ご説明します

暑くても、快適に過ごすことができるからです。

それは、湿度と不快感に強い関係性があるからです。

ひとは気温が高くても、湿度が低ければ、暑さや気持ち悪さといった「不快感」を感じません。

春の真昼に夏みたいな気温になっても、風がカラっとしていて気持ちがいいと感じますよね。

除湿器を使うことで、空気の湿度が下がり、夏の空気を春の空気に変えてくれるのです。

だから、除湿器を使えば、夏でも快適に過ごすことができます。

 

湿度と不快感の関係については、こちら👇の記事にわかりやすくまとめていますので、ごらんください。

【解説】「湿度何%なら快適?」除湿機は何月に使えば効果ある?おすすめ除湿機は?

 

ポイント

ただ、夏の猛暑は湿度が低くても暑いので、クーラーと一緒に使うことで、効果が期待できます。

とはいえ、除湿器を使うことで、体感温度が大きく下がるので、クーラーの温度設定を高めにしても、十分に気持ちよくすごせます。

わたしは、猛暑日でも除湿器をつけることで、26度のクーラー設定でも快適にすごすことができています。
しかも弱風です!

エアコンの節電効果もありますので、お得ですよ。

 

除湿器が効果を発揮する条件とは...?

除湿器が
「室温をさげるものではない」
「湿度を下げて体感温度を下げ、不快感をなくすもの」
だということが、さっきの章でわかりましたね。

ということは、除湿器が効果を発揮するのは、、、

「気温と湿度の両方が高いとき」
です。

6月から9月が、この条件に当たります。

それも、こちら👇の記事でわかりやすく解説していますので、チェックしてください。

【解説】「湿度何%なら快適?」除湿機は何月に使えば効果ある?おすすめ除湿機は?

 

湿度が低いと除湿器を使っても意味がない?

では、
湿度が高くないときに除湿器を買っても意味がないのか?

というと、そうではありません。

除湿器は「衣類乾燥」にも大きく役立つ家電です。

衣類乾燥機能は多くの除湿器についていて、年中役に立ちます。

雨はどの季節でも降りますので、部屋干ししたいけどにおいが気になるなんていうときが、一年を通してあります。

そんなときに、一台除湿器があるだけで、あっさりとこの問題が解決します。

急な雨だけど、明日着る服を早く乾かしたい!
そんなときに、とっても便利ですよ。

 

西日本では、まだもう少し暑い季節が続きますね。
熱中症に気を付けて、快適におすごしください。

 

関連記事

【レビュー】なぜ除湿機はコロナのCD-S6318-Wがオススメなのか【解説】熱中症対策・衣類乾燥に〜《詳細画像あり》